【神奈川県小田原市】葬儀会社、斎場をお探しなら『株式会社イヨダ』へご相談下さい。

24時間365、早朝・深夜でも
葬儀のこと仏事のこと相談無料

24時間専門スタッフが対応しております!
fd0120-6740-54

葬祭補助費について

国民健康保険、もしくは社会保険の被保険者がお亡くなりになりますと、葬祭を行った方へ葬祭費補助金が支給されます。
葬祭を行った日の翌日から起算して2年を経過すると時効となり、申請できませんのでご注意ください。

国民健康保険の場合

国民健康保険の被保険者がお亡くなりになった場合、被保険者の住所がある市区町村の国民健康保険課に申請すると、「葬祭費」が支給されます。
支給額は市区町村によって異なりますので、下記の費用一覧でご確認ください。
※金額は変動する場合がございますので、詳しくは市区町村の国民健康保険課にお尋ねください。

必要な書類など
● 葬祭を行ったこと・葬祭執行者を確認できるもの
 (会葬礼状、葬祭費用の領収証など)
● 葬祭執行者の印かん
 (申請者本人が申請者氏名を自署する場合は省略可)
● 葬祭執行者の口座番号・口座名義人の確認ができるもの
地 区 支給額
神奈川県 50,000円(中郡二宮町40,000円)
東京23区 70,000円
東京23区外 50,000円(日野市60,000円)
千葉県 50,000円
埼玉県 50,000円(戸田市80,000円)

社会保険の場合

被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、亡くなった被保険者により生計を維持されて、埋葬を行う方に「埋葬料」として5万円が支給されます。埋葬料を受けられる方がいない場合は、実際に埋葬を行った方に、埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。
また、被扶養者が亡くなったときは、被保険者に「家族埋葬料」として5万円が支給されます。
詳細は、勤務先または全国健康保険協会へお問い合わせください。